学校法人 三宝幼稚園

  • ホーム
  • 幼稚園の紹介
  • 「遊びに向かう力」
  • みんなの一日
  • 一年のイベント
  • 入園案内
  • さんさんくらぶ(一時預かり保育)
  • アルバム
  • 外部講師による課外保育
  • 各種ダウンロード

特色ある教育と保育

三宝幼稚園が大切にしていること

乳幼児期は人格形成の基礎を培う大切な時期で、教育・保育は環境を通して行うことを基本とし、乳幼児期の特性及び保護者や地域の実態にあわせ、園児の生活全体が豊かになることを目的とします。 そのために、主体的な活動の場を与え、生きるカの基礎を培い、"遊び"を通して感じ、考え、工夫するなどの学ぶ環境を大切にします。保育教諭は園児との信頼関係を十分に築き、園児自らが安心して活動ができるような環境を整え、園児と共に質の高い教育及び保育の実現を目指します。


  • 園児の健康、安全な生活のための基本的な習慣を身に付け、身体の発達を図ります。
  • 集団生活を通して、集団活動に参加する気持ちを育み、家族や身近な人への信頼感を深め、自主、自律、協同及び規範への意識を育みます。
  • 身近な社会生活や生命及び自然に対する興味を育み、それらに対して正しい理解と態度及び思考力を育みます。
  • 日常の会話や、絵本等に親しむことにより、正しい言葉の使い方を習得し、相手の話を理解しようとする気持ちを育みます。
  • 音楽、身体による表現、造形等に親しむことにより、豊かな感性と表現力を育みます。
  • 快適な生活環境のなかで、園児と保育教諭等との信頼関係を築くことによって、心身の健康の確保や増進を図ります。
園外保育

幼稚園バスを利用し、四季を通じて様々な園外保育を体験しています。緑花センター、四季の郷、プラネタリウム・・・。
園児たちは、自然の中で思い切り活動しながら、季節の変化を五感を通して感じています。 なかでも紀の川平野の美しさは、幼い心に深い感銘を与え「わが心のふるさと」としていつまでも残ることでしょう。

食育

乳幼児期に色々な味覚を知り、好き嫌いがない子どもに育てます。ただし、給食の時間が嫌いになられては意味が無いので、無理な強制はしませんが食べず嫌いの場合、一口でも食べる勇気を持たせ、促します。